1. ホーム
  2. 便秘
  3. ≫便秘の種類に合った適切な改善をするために必要なこと

便秘の種類に合った適切な改善をするために必要なこと

お通じ改善

便秘に悩んでいる方は自分がどの種類の便秘なのか知っていますか。便秘と一言に言っても便秘にも幾つか種類があります。弛緩性便秘、直腸性便秘、けいれん性便秘などのことです。そしてそれら便秘ごとにその原因も少し違います。各便秘の原因と症状を知ることでより適切な改善方法も取れるはずです。そこでまずはそれらをこれから説明していきます。

弛緩性便秘とは一般的によく便秘の原因と言われる食物繊維が足りない場合に起きる便秘のことです。さて食物繊維が足りないとなぜ便秘が起きるのでしょうか。それには食物繊維が排便のために行ってくれる有り難い幾つかの行為を知る必要があります。まず1つ目が腸を刺激してその運動を活発化させるということ。次に2つ目が腸内に住む善玉菌の幾つかを増殖させるということ。最後の3つ目が便の量を増やしてくれること。この3つの理由を聞けば分かると思いますが、食物繊維が不足するとこれらが上手く行えずに便秘になってしまうのです。弛緩性便秘の症状として、1つのでかい塊の便というよりも、小粒の便に分けて排泄されることが多いです。

直腸性便秘は生活習慣的な要因が原因で起きる便秘です。日々のストレスや生活習慣の乱れ、ダイエットによる便不足や運動不足など様々な要因が絡んできます。シンプルに言えば、身体が覚えているべき排便のリズムができていない、または乱れているということです。他にも便意がきたのに我慢する行為は排便のリズムを崩す原因になるので注意してください。直腸性便秘の症状は弛緩性便秘の逆で、太い塊の便で排泄されることが多いです。便を溜め込んでしまっているため他の2つに比べて出にくくなっているのもその特徴です。

けいれん性便秘は、便秘だけじゃなく下痢にも関係する便秘です。先に症状を説明するとその排泄は最初が便秘で始まり、最後は下痢で終わります。精神的なものなどから来る自律神経の乱れが大腸の動きをおかしくしてしまうのがその原因です。便秘の場合と下痢の場合があり、この便秘の改善は先の2つと異なるので注意してください。
それでは便秘の種類と症状を簡単に説明したところで、その改善方法について話していきます。便秘の改善方法には2つのアプローチがあります。それは食生活の改善と生活習慣の改善です。先にも説明した食物繊維など排便活動を助ける栄養素を適切に摂取することで便秘を改善させるのが食生活側のアプローチになり、決まった時間に排便するリズムを生み出すように規則正しい生活を送ることで便秘を改善させるのが生活習慣側からのアプローチとなります。

後者に関しては時間に余裕を持って生活することが大事で、日々急な行動で時間に追われている生活では決まったリズムを作るなど夢のまた夢です。スケジュールなどの時間の管理をしっかりと心がけ、同時にそのスケジュール表を用いて時間の余裕やリズムを作るように努力してください。朝起床してから通勤するまでの間が特にポイントです。朝起床して朝食を取り、時間をおいて排便し、通勤する(通学する)というリズムさえしっかりと構築できれば、慢性的な便秘から開放される可能性は高まります。それと朝食はしっかりと取って下さい。朝食が腸の働きの目覚まし代わりとなるからです。

次に前者の食生活の改善なのですが、これは便秘の種類で異なります。弛緩性便秘と直腸性便秘の2つとけいれん性便秘では取って良い食物繊維が異なり、弛緩性便秘と直腸性便秘は不溶性食物繊維を取ることが勧められていますが、けいれん性便秘ではそれは逆に止められています(水溶性は大丈夫です)。不溶性食物繊維はいも類や穀類に多く含まれ、弛緩性便秘の説明の時に上げた排泄活動を助ける食物繊維の働きは、この食物繊維によってその多くがもたらされます。つまり食物繊維不足で便秘になる人はこちら側の食物繊維が不足していると言うことです。もちろん水溶性食物繊維は血糖値の急な上昇を抑えてくれますし、食物繊維全体では大腸がんなどの予防にも役立ちます。両者の食物繊維をバランスよく取ることが重要です。その他にも水や乳酸菌をとれる食品は腸内の環境を整備する効果があるので、便秘には効果があります。けいれん性便秘の場合は、アルコールや辛子など逆に取ってはいけないものがあるので気をつけてください。

このように便秘と言っても幾つか種類があり、それに合わせて改善方法も異なるのです。他にも何かしらの大病を患い、それが原因で便秘に陥っている場合もあります。素人の自己判断ほど危ういものは有りません。安全を第一に考えるなら、1度病院で病気の有無だけは調べたほうが良いでしょう。不安というストレスから来る場合も有ります。ですが病気でないのならその便秘は生活習慣や食事での改善が可能ということです。一時的な解消ではなく、長期的に慢性便秘とさよならするために生活や食事を大きく見直し、そしてそれを続けていくことが大事になります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。