1. ホーム
  2. 便秘
  3. ≫スッキリお通じ!便秘解消のための対策と腸内環境を整える方法

スッキリお通じ!便秘解消のための対策と腸内環境を整える方法

便秘解消でお通じ改善

便秘で悩む人が多くいらっしゃいますが、便秘への解消をしたいものです。

便秘薬を使わないで、生活習慣や食生活の見直しする事も大切です。

快便となる人と違い、便秘をすることは腸内の排出物を停滞する状態が長く続くことで、老廃物の腐敗により有毒なガスが発生します。

便秘解消ができない場合には、たいへん危険な病気となってしますことがあります。
糖尿病・高血圧・大腸ポリープ。大腸がん・逆流性食道炎など多くの病気に繋がることにもなります。
冷え性・頭痛・肌荒れ・肩こりなどの症状にも便秘は関係ある事となり、からだの免疫力までも弱めてしまう事などもあるのです。

便秘解消の一つとして、習慣付けしてトイレに行くことは大切です。
理想としては、朝目覚めてから朝食をとることで便意をもよおす様になる事がベストな状態です。

また朝起きて水分を補給することで、便の移動がしやすくなるのです。便がやわらかくなるためです。
寝起きに意識して、水分をとる事で硬めの便に刺激をすることが、便秘解消へと繋がるのです。

毎日摂取するお食事と、便秘をなくするとは関連があるのです。
便秘気味な人には、整腸効果を期待することが大切です。食物繊維の多い食事は、便秘解消へと繋がります。
食物繊維を便秘ぎみは人にお薦めする理由として、食物繊維は胃などで消化をされないで、小腸を通り抜けて大腸へととどくためです。

便秘解消には、乳酸菌の食品を積極的に摂ることも効果があります。
便秘をなくするにも、腸内環境をよくすることが大事です。
腸内の環境は、悪玉菌より善玉菌の方が優位な状態になっていることが必要です。

乳酸菌を積極的に摂る生活で、善玉菌が増えた腸内となります。
納豆・味噌・ヨーグルト・漬物などの乳酸菌がある食事は、便秘解消へと繋がります。

腸や胃が活発に活動することも、便秘をなくします。
ウォーキングなどの無理をしない程度の運動で、副交感神経を高める事になります。
交感神経は活動している時やストレスを感じる時に働くものとなりますが、副交感神経とバランスよく働くことで、便秘をなく生活を大きく期待できるものです。
自律神経の乱れが、便秘ぎみなからだをつくる結果となってしまうのです。

便秘にも3種類あります。

直腸・肛門型便秘は、直腸までおりてきているのに、便意をもよおさない便秘です。
溜まった便が腐敗することで、腸内の環境を悪くして便秘をひどくする悪循環便秘となります。
乳酸菌を含む整腸剤や発酵食品などを積極的にとりましょう。
浣腸での効果も期待出来るものです。

また弛緩性便秘と言われる便秘もあります。

マッサージが便秘に効果があると言われる理由として、腸への刺激が伝わるからです。
腸に刺激が伝わるようにと、手を握り時計回りにマッサージを行って下さい。
腸内に便が停滞して起こる便秘となりますが、腸の蠕動運動が活発になる様にする事が大切です。
腸が活発に動く時間帯となる朝に、水をコップ1杯飲むと良いのです。

けいれんせい(痙攣)便秘と言われる便秘があります。

直接の原因は自律神経の乱れからおこるのです。
腸がけいれんを起こし、便をうまく出せなくなっている状態です。
睡眠不足や疲れすぎている時やストレス等で、腸の働きに異常が起こることで便秘となります。
自律神経の乱れで下痢と便秘との繰り返しとなることがあるのです。

リラックスできる時間帯をつくることが必要となります。
また腸内環境を整える為にも、乳酸菌を含む整腸剤で効果が期待できるのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。