1. ホーム
  2. 便秘
  3. ≫月経周期に負けない便秘対策!便秘と月経周期の関係を知ってお通じ改善!

月経周期に負けない便秘対策!便秘と月経周期の関係を知ってお通じ改善!

月経と便秘

便秘に悩む女性は沢山いらっしゃることと思います。男性で日常的に便秘に苦しんでいる人の話というのは、あまり聞きませんよね。それもそのはず、女性の便秘というのは月経周期に影響を受ける部分がとても大きいのです。

便秘と月経周期の関係

月経のある女性の体では、エストロゲン(卵胞ホルモ便秘と月経周期の関係ン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンによって、月経周期が決められます。そして便秘を引き起こしやすいのが、後者のプロゲステロンです。

通常、女性は排卵に向かうまでのあいだ、妊娠に備えて食べ物を沢山食べる傾向にあります。月経周期の前半部分で、排卵と受精・着床に必要な栄養を蓄えるわけですね。
そして、その妊娠に関わるすべての作業を順調に行うために、月経周期の後半戦にはプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。

プロゲステロンには子宮の収縮を抑える作用があり、子宮内膜を順調に厚くして、流産しないように 働きかけます。つまり、赤ちゃんのためのベッドを作る手助けをします。
ですが、子宮の動きを鈍らせることによって、プロゲステロンはその他の臓器の動きも鈍らせてしまいます。当然、胃腸まわりの筋肉の動きも鈍らせてしまうので、その結果便秘が起きやすくなるのです。

加えて、生理前のPMS症状のひとつとして、大腸の壁からの水分・塩分吸収率がアップします。

ただでさえ月経周期の前半から食べ物を沢山蓄えてきたところに、水夫吸収率がぐんと上昇するのですから、カチカチのウンチが増えてしまうのも無理からぬことです。
しかも女性はもともと筋力が弱い傾向にあるので、ウンチを外に出す力も弱いわけですね。それで便秘が起きやすくなってしまうわけです(出したくても出せない、ウンウン唸ってしまう感じですね)。

まとめ~月経周期に負けない便秘対策

というわけで、女性は月経周期の影響によって、慢性的な便秘になりやすいです。少しでもスムーズなお通じにするためには、まずやはり適度な運動と水分補給です。月経周期によるものだとわかれば、ストレッチによって体を温めたり、水分をいつもより多めに摂るだけでも、症状は改善されてきます。そして食事の面でも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスを取りながら、野菜や海藻、大豆製品、雑穀などを積極的に食べることが大切です。日常生活の習慣を変えるだけでも症状はぐんと良くなるので、やはり日々の心がけが重要になってくると言えそうですね。

ただし、まれに隠れた病気により便秘が起きていることもあります。食生活を変えてもいっこうに改善しない、運動や水分の摂取方法を工夫しても治らないなどの場合には、女性だから・生理前だからと自己判断はせずに、かかりつけの医療機関で相談することをお勧めします。持病のある方の場合、服用しているお薬の副作用によっても便秘や下痢が起こる場合があります。その場合にも、担当医や薬剤師さんの判断を仰ぐことをお勧めいたします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。