お通じ改善!下剤のいらない便秘解消法で毎日すっきり!宿便もどっさり!

お通じに悩む女性にオススメなのが「防風通聖散」。政府に認められた第二類医薬品なので効果は折り紙つき。防風通聖散に含まれる生薬がお腹に働きかけ、便秘やむくみを解消します。そのため、お通じに悩んでいる人に大人気の商品です。そんな防風通聖散のポイントを詳しく解説していきます。

生漢煎 防風通聖散

お通じに効果的な防風通聖散

  • ポッコリおなかが気になる方
  • 便秘を解消してスッキリしたい方
  • 毎日の痛いむくみが気になる方

生漢煎(しょうかんせん)の防風通聖散は、肥満と同時に便秘やむくみを解消したい方に人気の防風通聖散です。

18種類の生薬でお通じを改善します。

飲みやすい顆粒タイプなので、毎日続けるのも簡単。

漢方薬は、1日分の配合バランスが決められています。1日分丸々使っている漢方薬が「満量処方」半分の量を使っている漢方薬が「1/2処方」と呼ばれます。

生漢煎の防風通聖散は、原生薬を最大27.1g配合した「満量処方」の漢方薬です。

便秘だと1週間程度で効果があらわれることもあり、お通じも正常に。定期購入すると、毎月2,600円もお得になります。

成分 キキョウ、サンシン、ビャクジュツ、レンギョウ、カンゾウ、ハッカ、オウゴン、ケイガイ、セッコウ、ボウフウ、ダイオウ、マオウ、トウキ、ショウキョウ、シャクヤク、カッセキ、センキュウ、硫酸ナトリウム
※硫酸ナトリウムは芒硝(ボウショウ)のことです。
 第二類医薬品
特徴 納得の満量処方。

公式サイトはこちら

 

「まずい!またお腹が張ってきた!」

「もう一週間も出ていない!」

便秘って辛いですよね。お腹もぽっこり張ってくるし、毎日お通じが快調だったら、どんなに楽なことでしょうか。

実は、欧米人に比べて、日本人は便秘が多いといわれています。

お通じが悪いと、様々な症状が起こります。
おならがとても臭くなる、おなかがポッコリと出て、スカートやパンツが入らなくなる…。

便秘になる人は人口の10%を超えると言われ、お通じに悩んでいる人は、世にあふれているのです。

便秘が治ると、こんなにスッキリ!

便秘が治ってお通じが改善されると、こんな毎日が待っています!

  • 毎朝、スッキリと目覚められる!
  • 毎日のご飯が、とても美味しい!
  • 美肌になる!肌荒れやニキビも解消される!
  • メイクのノリも良くなる!
  • 気持ちが優しくなる。明るい気分になる!
  • 適正な体重を保てる!
  • ストレスがぐっと減る!
  • 人生がポジティブになる!

腸を整えれば、人生も変わります!

逆に放っておくと、ますます状態は悪化していきます。

食欲が減っていき、おなかが張って気持ち悪くなります。また、肌荒れや吹き出物、肌のくすみといった悩みも避けられません。

明るい気持ちで過ごすためにも、今すぐお通じを改善していきましょう!

と、その前に、なぜお通じが悪くなるのかご存知でしょうか?

再発を防ぐためにも、まずは原因から見ていきましょう。

便秘になる原因

便秘になる原因は、大きく4つに分けられます。

運動不足、水分不足、食物繊維不足、ストレスです。

これらをまんべんなく解消することで、お通じを改善することができます。

便秘の種類

便秘は大きく分けて、2つに分かれます。

それが、機能性便秘器質性便秘です。

機能性便秘って何?

機能性便秘とは、腸の機能が低下することで起こる便秘です。

機能性便秘は、さらに3種類に分かれます。

①大腸の動きが鈍くなって起こる便秘。

高齢者や痩せている女性、運動不足の人に多く、おなかが張って苦しいのが特徴です。
食事内容の改善と、腹筋を鍛えることで予防することができます。

②ストレスが原因で大腸が痙攣して起こる便秘。

慢性便秘の中で、増えているのがこの種類です。細くて長い便が特徴です。
腸のはたらきが過敏になり、腸が痙攣してくびれた部分に便がたまります。

③直腸に便がたまり、水分不足で便が固くなって起こる便秘。

腸に便がたまっても、脳に排便のサインが送られないパターン。便意を我慢しすぎたり、浣腸などを乱用していると起こりやすい便秘です。

生活習慣の改善によって解消が見込まれる便秘です。原因を取り除くことで、お通じが改善します。

 

器質性便秘って何?

器質性便秘とは、大腸に疾患が起きたり、大腸の形に異常があった場合などに起こる便秘です。

吐き気や頭痛、お通じが黒い、血が混ざるといった症状をともなうこともあります。

食生活や生活習慣を見直しても改善しない場合は、医師の診察を受けましょう。

 

お通じ改善

お通じを改善する場合、病院で診察を受ける方法と、自宅で改善する方法とに分かれます。

お通じは何科に行けばいい?

病院に行きたいけれど、何科に行けばいい?
肛門科?胃腸科?消化器科?と迷ったことはありませんか?

お通じを診てもらうには消化器科、または内科に行きましょう。

しかし、あわただしい病院では、下剤を処方するのが精一杯という所もあります。

病院に行くのはちょっと…という時は!

 

お通じを改善する体操

女性に便秘が多いのは、腹筋が弱いことにあります。便を押し出すためには十分な圧力をかける必要があります。

お通じが良くなる運動に、腹筋があります。

腹筋を鍛えると、お通じが良くなります。
その反面、腹筋は意識しないとどんどん衰えてしまいます。

1日わずか5分の腹筋運動でも、効果は違ってきます。
同時にお腹周りを引き締める効果もあるので、毎日の生活に積極的にとりいれましょう。

意識して背筋を伸ばし、お腹を引き締めて歩くだけでも腹筋は鍛えられます。

 

お通じを改善する飲み物

便が固くなるのは、腸内の水分不足が原因です。

水分をたっぷりとることで、腸の中が潤い、便もやわらかくなり、お通じも改善されます。

ポイントは、喉が乾いたと感じるまえに水分補給をすることです。

果物ジュース

果物がお通じに良い理由はいくつかあります。

まず、食物繊維を含んでいること。そして、果糖が便をやわらかくすること。

果物をジュースにすることで、水分だけでなく、食物繊維やビタミンもいっぺんに摂取できます。水溶性の食物繊維を多く摂れるので、けいれん性の便秘にも効果的です。

野菜を混ぜると、摂れる栄養素も豊富になります。

美味しいジュースを作る場合は、リンゴを基礎として使うと失敗がありません。

ビタミンCを摂る場合は、人参、キュウリ、カボチャを混ぜるのは避けましょう。これらの野菜には、ビタミンCを壊す酵素が含まれています。

コーヒー

コーヒーを飲むとお通じが良くなるという人も多いでしょう。

コーヒーに含まれるカフェインは、胃を刺激します。しかし、カフェインはくせになるため、飲み過ぎには注意しましょう。

 

お通じを改善する食べ物

食物繊維が足りないと、便そのものが作られません。

便意が感じられないのは、そもそもの便の量が足りていない可能性もあります。

食物繊維には、水分をたくわえて便をやわらかくする働きもあります。

他にも、お通じを改善する食物はたくさんあります。

ヨーグルト

ヨーグルトは、腸内の環境を整えてくれます。

腸の中は無菌ではありません。腸内には、悪玉菌、善玉菌合わせて、100兆もの腸内細菌が生きています。

健康な腸は善玉菌が優勢です。

善玉菌の代表はビフィズス菌などの乳酸菌。ヨーグルトには、乳酸菌を増やす効果があります。

ビフィズス菌などの乳酸菌は、腸の運動を助けるだけでなく、体の免疫力も高め、ガンの予防などにも役立ちます。

しかし、乳酸菌の寿命は短いのです。その為、ヨーグルトは毎日食べるのが理想です。

りんご

食物の中には、整腸作用が優れているものがあります。その代表がリンゴです。

リンゴは昔からお腹によいと言われています。身体が弱っているときに、リンゴをすりおろして食べた人も多いのではないでしょうか。

リンゴは下痢にも効きます。整腸作用が優れているため、当然便秘にも良いのです。

リンゴ酸と果物に含まれる果糖は、腸を刺激して「ぜん動運動」を高める効果があります。

食物繊維も豊富なので、リンゴはお通じを改善するのに優れた果物です。

梅干し

梅干しを見ると唾液が溢れてくるのは、梅干しを食べた時に胃が刺激されたことを、脳が記憶しているからです。

梅干しに含まれるクエン酸は、胃だけでなく腸も刺激します。

梅干しを食べると腸のぜん動運動が活発になり、お通じが改善されます。

さらに腸内のビフィズス菌を増やすのにも一役買うので、下痢にもよい食物です。

ただし、食べ過ぎは塩分の摂り過ぎになるので、適量を食べましょう。

ニンニク

ニンニクも、便秘解消に効果が高い食物です。

ニンニクのニオイ成分である「アリシン」は、腸のぜん動運動を高めます。

また、腸内のビフィズス菌を増やす効果もあり、整腸作用が優れています。

さらには疲労回復や生活習慣病の予防、不眠解消などにも効果を発揮します。

 

お通じを改善するマッサージ

マッサージは、お通じ改善に効果が高い方法です。

腰やお腹は、自分が触れられる中で最も腸に近い部分です。ここをマッサージするだけで、簡単なわりに高い効果が得られます。

マッサージをするときに気をつけることは、手を温めておくこと!

お湯につけたり、こすって温めたりして、手の温度を上げておきましょう。

冷たい手でマッサージすると、腸を冷やしてしまい、効果が下がる可能性があります。

お腹をマッサージするときは、お腹の上に手を置き、時計回りに撫でるように10~20回マッサージします。

 

お通じ解消には水分がカギを握る

便秘になって、便が久しぶりに出るとき、便が固いことがありますね。コロコロ便、カチカチ便と表現をされることがありますが、これは水分が足りない状態の便なのです。つまり便秘の時には、出る便の硬さを見て水分が足りているかどうかがわかります。

体の水分は常に失われている

私たちの体は常にエネルギーを発散しています。それは新陳代謝と言われるものでありますし、皮膚や呼吸をする時にも水分が失われていくのですね。そのため私たちの体は、失われる量を上回る量の水分を取らなくては、体の水分が不足してしまうのです。
体の水分が足りなくなると、まず尿の排泄が少なくなり、水分が出ていくのを防ごうとします。すると尿はとても濃くなります。また内臓の中の水分が十分にあると、胃を通過して腸に流れた食べ物が、便となるのですが、便は腸を通過する際に適度な水分を含んで、柔らかい状態で排泄まで至ります。しかし体の水分が不足すると便も十分な水分を含むことができず、さらに腸を通過するときにどんどん水分を失われていくために、どんどん便は固くなるのです。そして便秘という状態になるのです。

便秘を解消するためには、水分と十分にとること

水分をとる量というのは、個人によって異なります。たとえば肉体労働をして汗をたくさんかく人は、十分な水分接種が必要です。またあまり汗をかかない、自宅で過ごすくらいで特に仕事もしていないという人は、通常の食事と、食事のときにお茶を飲むという程度で水分が足りることもあるのです。
もしも便秘がちである場合は水分の不足が考えられるので、いつもよりもコップ1~2杯多めに水分を取りましょう。そうすること便も水分を含み腸をスムーズに動くことができるようになります。

便秘を解消するための水分はなんでもいいの?

アルコールをたくさん飲んだ次の日は、下痢になるという人もいるのではないでしょうか。それは水分を多くとりすぎたことを意味します。便秘が解消されるという点では目標が達成されたことになりますが、アルコールは決して体に良いとは言えません。カロリーは高いですし、アルコールを取りすぎると、翌日に残ることもありますね。アルコールを飲むとのどが渇くこともあるので、また水分がほしくなり下痢になり、その繰り返しで脱水になることもあるのです。

では水分としては何がいいのでしょうか。基本的に飲むといいものは、お水です。お水はカロリーもありませんし、安心して飲むことができますね。また朝起きてすぐに水を飲むと、腸の蠕動運動機能を亢進させてくれるため、便秘がちの人は、腸が動いて便が出やすい状態になるのです。また基本的にはのどの渇きを感じた時には、十分に水を飲むということが大切です。水は味がなくて飲めないという人もいますね。確かに水を一度にたくさん飲むのは難しいですが、一日何度も小分けにして飲むと、十分な量を摂取することができるようになります。